主な治療方法の特徴とそれぞれの費用の相場はどの程度か

サイトメニュー

悩んでいるなら

女性

気になるコンプレックスをなくそう

誰だって自分の顔に満足している、この顔以外は考えられないという人は少ないのではないでしょうか。何かしら顔に悩みを抱えている人は少なくないはず。そんな悩みのひとつが、実はほくろであることは少なくありません。例えば、小さいけれど目立つ場所にあるもの。髪の毛などで隠すこともできるけれど大きなもの。そんなほくろは誰だってコンプレックスになりうるのです。そんなほくろがコンプレックスになった時に利用できるのがほくろ除去です。除去するためにはきちんと専門医のいる病院やクリニックに行って診察を受けたうえで施術を行う必要があります。簡単に取り除くことは難しいのです。ほくろ除去において大きな注意点は、取り除いた後も傷が残るリスクがあるということを理解しておきましょう。始めに病院やクリニックに行って診察を受ける時には、必ずといっていいほどそのリスクについての説明があります。たとえ簡単な施術といっても、完璧にできるとは限りません。また紫外線などの影響も受けやすいので、跡が残る可能性もあるのです。
ほくろ除去をするためには大きく分けて二つの方法があります。それはサイズや凹凸、性質などによって医師が判断して決めます。ただ共通してみられる方法として、かなり大きなほくろになると切開をすることが多く、小さなものになるとレーザーなどを使用して除去することが多くなります。この二つをさらに詳しく見ていきましょう。切開をする方法を行う場合は、メスを使用しますし、除去した後は縫合をする必要があるのでしばらく通院する必要があります。抜糸を行うまででしょうか。しかしながら、レーザーを使用する場合は、その日一日の施術だけで終了するということが少なくありません。メスを使用しないので抜糸の必要もないのです。このように病院やクリニックでは、まず診察をしてその大きさ、性質を見て施術方法を決定します。そしてその施術方法によって通院期間、注意点が大きく異なるのです。どちらにしても除去をされた顔を見たときには、満足するはず。自分のコンプレックスがなくなるのですから。それが大きなメリットといえます。